お金を借りるときに重視するポイントは即日借り入れ可能かどうか?

一番人気はやっぱりアコム!

アコム


 

『はじめてのアコム♪』のテレビCMでや自動契約機「むじんくん」の名称で有名なアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの大手消費者金融で、申し込みから借入れまで最短1時間というスピード融資が魅力です。30日間の無利息期間がついてくるので、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。 少額で急ぎで融資を受けたい方などに非常におすすめです。 提携ATMは全国にありますので、ローン専用カードを発行すればすぐにキャッシングすることができます。
30日間の無利息期間は魅力ですね

◎アコムの基本情報

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

 
 

とにかくお急ぎで安心して借りたいならアイフルがおすすめです!

アイフル
 
アイフル
 
消費者金融アイフルのカードローンは、来店不要で即日融資も可能です。審査が「最短30分」で終了しますので、申込みをした当日中にカードを受け取り、そのカードを使って即日1時間での現金受取りも不可能ではありません。カードローンの金利も3.0%~18.0%に決まりますので、金利の負担も心配もありません。総量規制対象のカードローンですが、「お金を借りすぎる心配がない」と考えれば、これはメリットになりますね。

◎アイフルの基本情報

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額が100万円以下の場合、収入証明は原則不要
審査時間 最短30分
返済期間・回数 最終借入日から最長6年9ヵ月・1回~80回
運営会社 アイフル株式会社

アイフルなら審査が「最短30分」来店不要で即日融資も可能です。

アイフル

 
 

即日お金を借りるならプロミスやSMBCモビットもおすすめ

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。審査もスムーズで、今すぐにお金を借りたいという方に多く申込みされています。30日間の無利息期間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)もついています。

WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。お金を借りる際に、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。

◎プロミスの基本情報

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。
審査時間 最短30分
返済期間・回数 最終借入日から最長6年9ヵ月・1回~80回
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

【プロミス】実質年率『4.5%~17.8%!』審査は最短30分♪

プロミス

 

SMBCモビット

◎SMBCモビットの基本情報

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
必要書類 「運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し」
審査時間 10秒簡易審査、最短即日
返済期間・回数 最終借入後原則最長8年10ヶ月・最大1~106回
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社SMBCモビット

≪SMBCモビット≫限度額800万円☆金利3.0%〜18.0%☆

モビット

お金を借りるときに重視するポイントの一つとして、即日借り入れ可能かどうかということがあります。

だいたいにおいて、お金というのは急に必要になることが多いものです。

そんなとき、融資を受けられるようになるまで1週間も2週間もかかるというのでは意味がありません。

融資金額など他に気になる点も多いかもしれませんが、やはりすぐに借りることができるかというのは大きなポイントになるでしょう。

すぐにお金って借りられるもの?

もしも自分が誰か他の人にお金を貸すことになった場合のことに置き換えて考えてみるとそれがよく分かります。

もしも自分が誰かに融資をお願いされたような場合、すぐに貸せるでしょうか。もちろん既によく知っている気の置けない親しい友人で、金額もたかが知れているという場合は話が別かもしれません。

そういう場合は、仕方がないなあと思いつつも、言われたその場で自分の財布から貸してやることもあるかもしれません。

しかし、ローン会社との関係とは、はっきり言えば赤の他人に等しい関係のはずです。

あなたならもしそのような人から融資を申し込まれた場合にどうするか考えてみてください。

どのように行動するかは人それぞれかもしれませんが、こういう状況におかれれば、考え方としては結局のところその人は本当に借りた金をきちんと返してくれそうな人なのかどうか、約束した期限どおりに利息をつけて返済してくれそうな人かどうかを見極めようとすることに尽きるでしょう。

ローン会社も基本的にはそれと同じです。申し込んだ人が本当に借りた金をきちんと返してくれそうな人なのかどうかを必死になって見極めようとするのです。

そのためには情報が必要です。

その情報源は主に3つあります。

一つは申し込み者自身が記載した申込書

二つ目は申し込み者の勤務先への在籍確認の電話

三つ目は信用情報機関への問い合わせ

となります。

年収が多い人、安定した大企業に勤めているような人とか公務員の人はそれだけ大きな安心材料になるわけです。しかしもちろんそれだけではありません。

世の中には悪意を持った人もいることは事実で、もしかしたら虚偽の勤務先などを書いている人もいるかもしれません。

それを見極めるために在籍確認が行われます。

また、既に他のローン会社から多額の借金をしていないかどうかとか、過去に借りたローンの返済を遅らせたりしたことがないかを確認するために信用情報機関への問い合わせが行われます。

そしてそれらの情報を総合的に判断し、金融機関として最終的に融資可否や融資可能金額が判断されることになります。

このように、融資に至るまでには情報収集とそれに基づく判断が必要になってきます。

ということで、一般的には即日の融資は困難なことが多いのです。

しかし、即日の融資には需要が大きいこともまた事実で、それが売り物にできるローン会社は他の会社と差別化できる大きなチャンスがあります。

そこで、会社として仕事のやり方を考え、申し込まれたその日のうちに判断できるようにしているところもあるのです。

なお、いくらそのように即日融資可能としているローン会社であっても、例えば夜の10時に申し込んでその日のうちにというのは厳しい話です。

できるだけ早い時間帯に申し込んだほうがよいのは間違いありません。