カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンの違いとお金を借りるまでの流れ

投稿日:

お金を借りるにも、使い道が自由な名目でもお金を借りることが事が出来る便利な時代です。

借りたお金の利用が問われないローンには大きく分けてカードローンとフリーローンの2種類があって2種類を用意している銀行もありますし、カードローンかフリーローンのどちらか一方のみを用意している消費者金融など様々です。

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンはどちらも借りたお金を家財道具購入や旅行、入院費用など色々な事に使う事が出来るといった共通点を持っています。

例えば急に引越しなど思い立ったとしましょう。すると敷金や礼金などの初期費用をすぐに調達する必要がありますし、引っ越し業者に渡すお金は基本的に引っ越し作業が完了した時点で業者に渡すなど、まとまった現金が必要になります。

仮に、これらの費用が総額60万円で自己資金として用意出来る金額が30万円ならば、30万円のカードローンやフリーローンの申し込みを行えば調達が出来ます。

また、自己資金がない場合でも、審査に通過すれば60万円のキャッシングが利用出来るようになるわけです。

別に引越しにかかわらずいろんな用途で急な出費に利用できるカードローンやフリーローンはとても便利ですよね。

ところでカードローンとフリーローンの違いですが、フリーローンの金利はカードローン金利よりも低めになっている銀行が多いようです。

フリーローンは希望額をまとめて融資してくれる個人向けのローンで、カードローンは必要な時に必要額をATMで引き出して使えるなどの違いを持っています。

さらに、カードローンは利用限度額内で繰り返しキャッシングが出来る特徴を持つローン商品です。

フリーローンの場合は残高が0円になれば、それ以上のお金を借りる事は出来ませんが、カードローンは残高を戻す事で繰り返しお金を借りる事が出来るようになります。

例えば、残高が0円になって1か月後に10万円を返済した場合、利用限度額は10万円まで戻ります。

このようにカードローンは利用年齢の上限まで繰り返し利用出来るメリットを持っています。 仮に、70歳の誕生日まで利用出来るカードローンの場合は、この年齢に達するまでの間は自動更新で引き続き利用出来るようになるわけです。

カードローンとフリーローンは目的に応じて使い分ける事が出来る便利なローンで、定期的にお金を使いたい人はカードローン、まとまった資金を一度だけ利用したい人はフリーローンなどのように選択し利用することになります。

カードローンなどの場合、銀行や信用金庫、消費者金融など借り入れ先が色々とあるのが特徴で、利用極度額が500万円までの場合もあれば、1000万円などのような高額融資を可能にしている銀行もあります。

ちなみに、消費者金融を利用する時に注意しなければならない事の一つに、消費者金融には総量規制が適用される事を頭に入れておかなければなりません。

総量規制は年収に対する制限で、申し込み者の年収の内、3分の1を超えた融資が禁止になっているので 300万円の年収を持つ人は100万円までとなります。

見落としがちな注意てとしては、融資して貰える金額は年収に応じて変わるため、自動的に極度額が大きな金額なってしまうこともあります。たとえば100万円の希望であってもそれを超えて800万円になってしまうこともあります。

限度額いっぱいまで借り入れする必要はないのですが、100万円未満十分であれば100万円未満の申し込みをする必要があるわけです。

 

お金を借りるまでの流れ

消費者金融の場合は、預金などの業務がありませんので、銀行の申し込み条件に多い預金口座を持っているなどの条件に関係なく申し込みが出来るメリットや年収や勤続年数などの条件もありませんし、営業エリア内に住んでいる、もしくは営業エリア内にある会社に勤めているなどの条件もなく、多くの人々が申し込めるメリットもあります。

一方、金利面においては銀行の方が低めになることが多く、どちらを選ぶのか悩む人も多いと言えましょう。 審査が比較的緩やかに行われるので消費者金融を選ぶ人もいますし、金利が安ければ利息分も少なくて済むことなどから銀行のカードローンを選ぶ人もいます。

いずれにしても申し込みはネットを利用出来る所が多くなっており、パソコンやスマートフォンなどを利用して申し込みが出来きます。

申し込み時には本人確認書類や所得証明書などが必要になりますが、借入額によっては所得証明書が不要なケースもあるので事前に確認しておくと良いでしょう。

申し込みを行うと審査の受付として受理され、審査結果は電話もしくはメールなどで知らせてくれます。

契約についてはネット上か店舗窓口で行う事が出来きますが、銀行の場合はあらかじめ預金口座を作らなければならない場合もありますので事前に確認しておきましょう。

契約が完了すると、指定口座に現金の振り込みが行われる、もしくは専用カードを利用して現金を引き出して利用が出来るようになるなど、利用方法も様々です。

申し込みから審査結果が出るまでの流れの中には必ず在籍確認が行われますが、在籍確認は勤め先の会社への電話連絡で、本人が出て幾つかの質問を受けるなどの審査の一つになっています。

即日お金借りる|低金利で人気の金融機関を調査

-カードローンとフリーローンの違い

Copyright© 即日お金を借りる!低金利で人気の金融機関を調査 , 2018 All Rights Reserved.