お金を借りる時の手続き

銀行系からお金を借りる

投稿日:

カードローンには銀行系と消費者金融系、信販会社系の3種類が存在します。一般的なカードローンの金利は年2%から年18%とされますが、銀行系の場合には最高金利が年10%以下になる場合もあります。

金利が安く融資額も大きいというのが特徴です。消費者金融系や信販会社系は貸金業法の適用を受けるため、総量規制により年収の3分の1を超える融資が禁止されます。年収によって融資額が制限されるので、専業主婦など収入のない人は利用できません。

銀行系であれば貸金業法が適用されないので総量規制の対象とならず、利用者の年収によって融資額が制限されないという特徴があります。法的な融資額の制限はなく、各銀行が定める額が上限とされます。銀行によって融資対象者に違いがありますが、一般的に専業主婦でも配偶者に安定した年収があれば利用できます。銀行が運営するカードローンであれば、融資限度額が大きく幅広い利用が可能です。中には800万円や1000万円という高額な融資限度額を定めているものもあります。

安い金利でまとまったお金を借りるならば銀行が運営するカードローンが最適です。また金利は融資額が大きくなるほど低くなります。特定の銀行からまとめてお金を借りる方が、金利を安くできます。高額な融資が必要になった場合には、必要金額よりも融資限度額が大きいかどうかを確認することが重要です。

消費者金融系や信販会社系は総量規制により融資額が制限されますが、銀行系の場合には年収の3分の1を超える高額な融資が受けられます。安い金利で高額な融資を受けることができる一方で、審査は厳格に行われています。一般的にカードローンの融資を申し込むと審査が行われます。審査では職業や年収、借入状況などから融資の可否が判断されることになります。

多くのカードローンでは20歳以上の安定した収入がある人で、他の審査項目に問題がなければ融資を受けることができます。職業に問題がある場合や年収が少ない、他社から多額の借金があるような場合は審査通過が困難となります。審査は銀行系よりも消費者金融系や信販会社系の方が緩やかに行われています。

アルバイトやパートなどでお金を借りる場合には銀行系以外の方がスムーズに契約できます。また消費者金融系や信販会社系は審査のスピードが早いため、即日融資も可能です。銀行の場合にも即日融資に対応しているものがあります。しかし審査は厳格に行われるので、素早くキャッシングしたい場合には消費者金融系などを選択する方が合理的です。

銀行が運営かするカードローンでお金を借りるメリットは金利が安く、融資額が大きいという点にあります。一方消費者金融系や信販会社系は金利が高く総量規制の影響により融資額が小さくなりますが、審査は緩やかに行われるというメリットが存在します。安い金利で多額のお金を借りる場合には銀行のカードローンを、急いで少額のキャッシングを行いたい場合には消費者金融系などを選択するのが合理的な方法です。

銀行が運営するカードローンの審査では銀行自身に加えて、子会社や提携する消費者金融業者による二重の審査を受けることになります。子会社は消費者金融業者は保証会社を務めており、審査を行うだけでなく保証も行っています。銀行が運営するカードローンでは、保証会社の保証を受けられることが申し込みを行う条件となっているのが通常です。

保証会社は通常1社が務めていますが、融資額や利用者の年収などに応じて2社が存在する場合もあります。2社存在する場合でも、いずれかの審査に通過すれば契約は可能です。銀行と保証会社の両方の審査を通過することが必要となりますが、担保や保証人などは不要とされます。二重の審査も基本的な条件を満たしていれば通過できます。また銀行が運営するカードローンの中にも、即日融資に対応しているものは存在します。

カードローンでお金を借りるには、まず業者を選ぶ必要があります。大手銀行だけでなく地方銀行もカードローンを運営しているので、様々な選択肢が存在します。サービスの内容は銀行によって異なるので、利用目的を明確にすることが重要です。金利が安い銀行もあれば、融資額の大きなものや審査が早いものなど各銀行によって違いがあります。

申し込みの手続は店頭窓口だけでなく、自動契約機やインターネットでもできます。初回利用者で利用方法がよく分からない場合には、店頭窓口でスタッフと相談しながら契約するのが合理的です。忙しくて店頭窓口へ行く余裕がない場合なども考えられます。

自動契約機やインターネットであれば、店頭窓口の営業時間外でも利用できます。契約の際には基本的に運転免許証などの本人確認書類が必要です。融資額が高額になる場合には、源泉徴収票などの収入証明書類が必要になることがあります。無事契約できれば、利用限度額内で何度でもキャッシングができます。

即日お金借りる|低金利で人気の金融機関を調査

-お金を借りる時の手続き

Copyright© 即日お金を借りる!低金利で人気の金融機関を調査 , 2018 All Rights Reserved.