オリックス銀行カードローンでお金を借りるメリット

カードローンを利用してお金を借りる際のポイントには様々なものがあります。

まず金利が高いと利息額が大きくなるので、なるべく低金利なものを選ぶと合理的です。

カードローンには運営主体によって銀行系と消費者金融系、信販会社系の3種類があります。最も金利が低いのは銀行系で、最高金利が年10%以下の場合も存在します。

また銀行系カードローンは貸金業法が適用されないので、総量規制の対象外です。消費者金融系や信販会社系は貸金業法が適用されます。

そのため総量規制により年収の3分の1を超える融資を行うことができません。低金利で多額の融資を受けたい場合には銀行系カードローンの方が適しています。

年収によって融資額が制限されないので、収入がない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば融資を受けられる場合があります。

銀行系は低金利で多額の融資を受けることができますが、審査は厳格に行われます。少額の資金を気軽に借りるならば、審査が緩やかな消費者金融系や信販会社系の方が適しています。

銀行系は銀行自身の他に保証会社の審査も受けるのが通常です。

保証会社は子会社や提携する消費者金融業者などが務めています。

融資を申し込む条件として、保証会社による保証を受けられることが必要な場合もあります。

銀行系とその他の特徴を掴んで、目的に応じて使い分けることが重要です。 審査時間は消費者金融系や信販会社の方が銀行系よりも早い傾向があります。

最短の場合には30分ほどで審査が完了し、即日融資も可能です。消費者金融系のプロミスの場合には、インターネットから指定口座への振込依頼をすると10秒ほどで入金が完了するサービスもあります。

またアコムやプロミス、アイフル、レイクでは初回利用者の利息が30日間ゼロになるサービスを行っています。レイクでは30日間無利息か、5万円以下の借入で180日間無利息のいずれかを選択できます。

消費者金融系や信販会社系は銀行系と比較して金利が高いという特徴があります。

しかし審査のスピードが早く、消費者金融系であれば初回利用者の無利息期間も存在するので気軽に借入ができます。

カードローンの申し込み方法には様々なものがあります。店頭窓口を利用するだけでなく、インターネットや電話、郵送、自動契約機でも申し込みができます。

基本的に融資を申し込むとカードが発行されますが、インターネットで申し込んだ場合には発行しないことも可能です。

インターネットで申し込み、指定口座への振込を依頼すれば郵送物が送られて来ることはありません。

融資の申し込みを行うと職場や自宅への在籍確認の電話連絡が行われるのが通常です。自営業者や個人事業主の場合は自宅へ、サラリーマンや公務員の場合には職場に連絡があります。

業者によっては給与明細書などの書類を提出して電話連絡に代えることができる場合も存在します。

例えば消費者金融系のモビットは電話連絡以外の方法で在籍確認ができます。Web完結の申し込みであれば、そもそも職場への電話連絡自体が行われません。

モビットで電話連絡を回避したい場合には、運転免許証など本人確認書類と源泉徴収票や給与明細書など収入証明書類のコピーを提出します。

消費者金融系のアイフルやプロミスなどは電話連絡による在籍確認を行うのが通常です。これらの業者ではオペレーターに電話連絡以外の方法に変更したい旨を伝えれば、書類の提出に変更できる場合があります。

書類で在籍確認を行う場合には健康保険証か給与明細書が必要です。

キャッシングの審査基準は業者によって異なりますが、一般的に年収や勤務先、勤務形態、勤続年数、信用情報などが問われます。

安定した収入があることが、キャッシングの必須条件です。

在籍確認の電話連絡も、安定した収入があるかどうかを判断するために行われます。

お金を借りるためには、基本的に本人確認書類の提出で足ります。しかし融資額が50万円以上になる場合や、他社からの借入と合計して100万円を超えるような場合には収入証明書類の提出が必要とされます。

正社員や契約社員、派遣社員、アルバイト、パートなどの勤務形態や勤続年数も審査では重要なポイントです。

勤続年数が長いほど、継続的に安定した収入があると判断されます。

銀行系では専業主婦もキャッシングが可能ですが、配偶者の収入が審査されます。継続的で安定した収入がある人ほど審査に通過しやすくなります。

審査をスムーズに通過してお金を借りるためには、個人の信用情報も審査の重要なポイントです。

金融業者は、第三者機関である信用情報機関に登録された個人の記録を審査に利用します。現在の借入状況だけでなく過去の返済や延滞に関する情報が登録されているので、申し込み書類は正確に記載することが重要です。

その他にも住居が賃貸か持ち家か、他社からの借入はどのくらいあるのかなどが問われます。

特に銀行系では厳格な審査が行われる傾向がありますが、どの業者でも基本的な条件を満たしていればお金を借りることができます。