家族にばれないように消費者金融からお金を借りる方法☆ 豆知識 ☆

どうしてもお金が必要になった場合は消費者金融で借金をします。

ところが、消費者金融での借金が意外と大変です。

そのまま借りられればいいものの、多くの場合は在籍確認として会社や家に電話をかけてその人がいることを確認しなければなりません。

その確認自体は会社名をカモフラージュさせて行われますが、察しのいい人であればそれが在籍確認の電話であることはすぐにわかってしまいます。

家族にばれないようにお金を借りるためにはどうすればいいのか、その対策を知ることで面倒なことを回避できます。

家族にばれる可能性として最初に考えられるのが在籍確認です。

在籍確認は審査の際に必ず乗り越えなければならない壁です。

ここをどうにかしなければな借りようがありません。対策としては職場に電話をかけてもらうのが一番です。

職場にかけてもらえば営業の電話として受け取れます。

また消費者金融側は個人名でのやり取りをしようとし、電話機に表示される番号もフリーダイヤルではなく市外局番からの電話番号です。

もちろん職場でばれる可能性はないわけではないですが、この電話は在籍確認の電話などと考える余裕はまずないため安心です。

自営業の場合には自宅にかかってくることが濃厚です。

この場合は注意しないといけませんが、例えば転送電話の設定にして自分のところに電話がかかってくるようにするのも1つのやり方です。

審査に伴う電話は申し込みを行う流れで行われます。

いつ在籍確認の電話がかかってくるかは予測しやすいです。

その時間に転送電話の設定をしておいてそれで電話をかけてもらうのもおすすめです。

あえて家族に対しこの時間に自分に対して電話がかかってくるかもしれないと宣言をしておくのも手としてありますが、できるだけ自然な形にしておくのがコツです。

家族にばれる可能性として他に考えられるのが実際に申し込む際のやり方です。

以前は郵送という形で行われており、その書類が家に届くこともありました。

それを目にした家族は当然消費者金融の存在を疑うため、これでは家族にばれてしまいます。

また契約書類を郵送してくるケースもあるため、できる限り家に郵送されないような形で契約することが大前提です。

ただ、近年はネット上で完結するケースが増えています。

インターネットやスマートフォンだけでやり取りが終わってしまい書面の交付をメールで行うこともあります。

お金の振込や返済などもネットで行える便利な時代を迎えており、これらを積極的に活用して家に書類などを郵送しないようにさせられます。

また無人契約機などでカードの発行をしてもらうのも可能です。

近年は銀行の中にそうした場所を設置しているところもあるため、以前に比べて気軽に利用しやすいのも特徴です。

返済をしていくと、ちょっとした都合で返済できないタイミングが生じてしまうことがあります。

そうなると催促の電話がかかってしまうことも考えられます。たいていの場合は契約者の携帯電話にかかるようになっていますが、いきなり家に電話をかけられたとしても不思議ではありません。

事前に返済できないことがわかっており、この日には必ず返せそうだというのがわかれば前もって電話をかけておくことが必要です。

そうすれば予定されていた返済日を過ぎても催促されずに済みます。

利息はかかりますが、リスクの軽減にはなります。

即日で融資を受けられることが一般的となっていますが、だからこそ注意したいのが自然に振る舞えるかどうかです。

家族にばれないようにするプレッシャーで不自然さが出てしまうとすぐにばれてしまいます。

その時にはばれなくても、後々の態度などで借金の存在を指摘されて発覚することも十分にあります。

今後にそうしたリスクを残しておかないようにすることも大事です。事前にシミュレーションを立てておくことも必要です。

また想定される出来事を事前にまとめておき、その時の想定問答集を用意すれば安心です。

家族にばれるリスクは在籍確認の電話や書類の郵送だけでなく、消費者金融のキャッシングカードや明細書の存在でも発覚します。

レシートを財布にためておく癖のある人はこれを境にレシートを捨てる習慣を身につけることや大事なキャッシングカードは貴重品として大切に保管しておくことも求められます。

不用心にしていると家族によってその部分を突かれてばれてしまうことがよくあります。

特に敏感な人が家族にいる場合には注意が必要です。

家族にばれないようにするためには、想定されるべきシチュエーションを知っておくことが第一です。

例えば在籍確認の電話を家族がとった場合にそわそわした様子を見せれば明らかに家族は疑います。

家族にとらせても大丈夫な形にしておけばそんな心配もありません。結局は用意周到な準備が大事です。

もちろん消費者金融の業者も慣れており下手なことはしませんが、念には念を入れて準備をするのが無難です。