最近は消費者金融や銀行でキャッシングをする人が増えています。

消費者金融は以前のように高い利息を付けるのではなく改正された貸金業法では20%以下の利息の上限と年収の3分の1までの融資をするように定められていえるので、その規制に則って適正に営業をしているので安全に安心してっキャッシングができる時代となりました。

銀行は貸金業ではないので貸金業補の対象外なので、融資額や利息の上限に規制はありませんが、銀行独自で申込者が返済に困らないように融資を受けられるような限度額や利息が定められています。

急にお金が必要になり、初めてお金を借りるときは、消費者金融で借りるのと銀行で借りるのではどちらが良いか、またどこに申し込めばよいのかわからず、特に急なときにはつい目につくところに看板のあるところを選んだりテレビコマーシャルで聞き覚えのあるところを選んだりしがちですが、申込む会社選びには注意が必要です。

消費者金融にしても銀行にしても申し込むと審査があり、誰でも融資を受けられるということはありません。

申込jには勤務先や勤続年数、年年収、他社での借入などについて申告が必要です。一次審査では年齢や安定した数乳があるかどうかの条件に合致をしているかを確認するだけなので簡単に短時間で完了するのですが、その後本人確認の書類や場合によっては収入証明書などを提出し、申告した内容を確認します。

勤務先に在籍確認をしたり金融機関同士で共有し合う情報と照らし合わせたりしながら申告内容に真実性があって信用ができる人かどうか、融資したお金をきちんと利息を付けて返す能力があるかどうかを確認する二次審査があります。

キャッシングを申し込むにあたって二次審査では、他社での借入の有無や延滞などがないかの調査がありますが、これらの情報は金融機関すべてが共有できる情報なので、もし他社での借入で返済に延滞があったなどという事実があればどの会社に申し込んでも情報は共有されることになります。

また申し込みの際に複数の会社に同時に申し込むと、「よほどお金に困っていて返済できない可能性がある」ということで審査に通らない場合もあるので、同時に複数社に申し込むことは避けて、できれば1社に絞って申し込むようにすることが必要です。

また申し込み先を選ぶにあたって注意が必要なことは金利です。

「4.0%から14.0%」などその会社がそれぞれ設定している金利を提示していますが、低い方の金利が他社よりも低いところを選ぶのではなく、高い方の金利が他社よりも低い数字のところを選ぶように注意が必要です。

金利は融資額が少ないほど高く、融資額が多いほど低くなっています。

いくら借りればどれだけの金利がつくかを表にして提示しているので、それをしっかり確認して時bンが申し込みたい融資額ならどれだけの金利がつくかを確認し、その金利を複数社で比較して検討をすることが大切です。

さらに注意が必要なことは消費者金融を選ぶか銀行のカードローンを選ぶのかということです。

20歳以上で安定した収入があれば申込むことができるのでパートでもアルバイトでも大丈夫というところが増えています。

すると収入のない専業主婦は申し込むことはできません。消費者金融は貸金業法の規制があるので年収の3分の1といっても年収がゼロなら3分の1もゼロなので融資を受けることができません。

しかし銀行のカードローンの場合は配偶者に安定した収入があれば年収のない専業主婦でも少額ですが申し込むことができるという商品を扱っているところもあります。

また年収の3分の1以上の額の融資が必要な場合も消費者金融なら貸金業法の規制で無理ですが、銀行はその対象外なので可能になるということもあります。

このように消費者金融と銀行では異なる点があるので、消費者金融では不可能なことも銀行ではできること、また逆に銀行では無理でも消費者金融ではできることなどがあるので、自分に合った方を選ぶようにします。

1社に絞って申し込むこと、しかも後で後悔しないように申込先を選ぶためには慎重に下調べをすることです。急に選んで申し込むと、後で、もっと金利が低いところがあったとか、お得なキャンペーンがあるところが他にあったなど後悔することも出てきます。

現在では申し込みもスマホやパソコンのホームページからできるところも多いので時間のあるとき事前に複数すあのホームページを見比べてみるという下調べをして1社を選んでおくと、急にお金を借りる必要が出た時に慌てて適当に申し込むということがなくなります。

ホームページ上で返済シュミレーションができるところもあるので、それを活用することで、安全な範囲の融資額を設定し安心して申し込むことができます。

このようにホームページを利用したり、パンフレットなどを利用して事前に複数社の詳細を知り、あとで後悔しないように申込先を得選ぶことが大切です。