無利息期間を利用してお得にお金借りることもできます。

普通、お金を借りると必ず利息がかかります。

いくらの利息がかかるかは金利及び借りた金額と借りる期間によって決まります。典型的なケースでは、金利は年に15%とか18%といった数字になっており、これは1年間お金を借りると借りたお金の15%なり18%なりが利息としてかかってくることを示しています。

例えば10万円のお金を1年間、金利18%で借りたとしますと利息は1万8千円となり、これに元金の10万円を合わせて11万8千円を返済しなければなりません。

実際には1年後にまとめてお金を返済するようなことはなく、毎月ある程度の金額を返済していくことになりますので、返済するお金の合計が必ずしもこの金額になるわけではありませんが、イメージとしては間違ってはいません。

仮にそのお金を1年間借りたとすればそれだけの金利がかかるものとして計算されるということです。

この利息というものは、率直に言えばお金を貸すローン会社としての利益そのものです。

会社として利益が得られないのでは経営が成り立ちません。担当者の人件費、テナントビルに店舗が入っているのならその賃貸料、ATMなどのシステムの維持管理費用など、とにかく会社を運営していくための費用の原資が利用者が支払う利息で賄われているのです。

さらに言えば、お金を借りる以上、どうしても一定の割合で返せなくなってしまう人、貸し倒れになってしまうケースというものは発生します。

そういう場合のマイナスも相殺できるくらいの利息を設定しなければやはり会社として経営は成り立ちません。

ということで、お金を借りるほうにとっては利息は低ければ低いほどありがたいのですが、ローン会社から見ると死活的に必要なものということになります。

ところがこのように死活的に重要なはずの利息について実は無利息となることもあり、それを利用すればお得にお金借りることができます。

ただ、ここまでの話で少し考えれば分かるように、全く何の制限も条件もなしに利息無しでお金を貸しまくっていては会社として成立しません。

ですからそのようなことはありえず、何らかの制限なり条件が付けられていると見るべきで、実際にもそのとおりです。

つまり、どんな場合でもお得にお金借りることができるわけではなく、そうしようと思えばその制限や条件を十分に理解してそれに当てはまるようにしなければならないというわけです。

具体的な制限や条件はローン会社によっても異なりますが、多くの場合、利用できるのはそのローン会社を初めて利用する人だけに限られます。

現にいまそのローン会社からお金を借りている人はもちろんのこと、過去にお金を借りたことのある人であっても対象外となることがほとんどです。

お金を借りるにはまず契約をしなければなりませんが、返済後にそのまま契約だけ残っている人だけでなく、返済後に契約も解除してしまった人であってもやはり対象外とされることが多いのです。

つまり、本当の意味でそのローン会社から過去に一度もお金を借りたことのない人だけが対象となるのが基本です。これは、新規顧客の獲得を目指して行われる一種のキャンペーンという見方もできます。

ローン会社にしてみれば、利息分の利益を失うことになっても、新規顧客を獲得できるメリットが大きいと期待しているわけです。

利息分に相当する予算を販促費として使っているのと同じと言えるかもしれません。

また、初めてお金を借りる人ということ以外にも条件があります。

いくら初めての人と制限しても、借りるお金の金額や期間に制限を設けなければ大変なことになってしまうのは容易に想像がつくでしょう。

典型的な事例としては、お金を借りてから30日間の間は、その人が借りることのできる金額の上限まで無利息にするとか、あるいは金額的には例えば10万円までと制限するけれども、期間としては30日間ではなく半年間は無利息にするなどということがあります。

このような条件で、では具体的に一体いくらくらいお得になるのかということが気になるかもしれません。

これは多少の計算が必要ですが、それほど難しいものではありません。

先ほども書いたように借りたお金の返済は1年後にまとめてではなく月々少しずつですので、この計算も完全に正確というわけにはいかないのですが、イメージ的なものでよければ簡単に計算できます。

それは、借りるお金の金額に金利と期間を掛け算することで求められます。

例えば、10万円を180日間、本来であれば金利18%のところを無利息で借りるといくらお得になるかというと、100000×(18/100)×(180/365)で求められます。

金利の18を100で割っているのはパーセント単位だからです。日数の180日を365で割っているのは年単位だからです。

これを計算すると9000円弱になることが分かります。これが得をする金額です。