銀行からお金を借りる方法には、「目的ローン」「フリーローン」などの種類がいくつかあります。

不動産(家など)を購入するために利用する「住宅ローン」や自動車を購入するために利用する「カーローン」などは、銀行ローンの代名詞といっても良いほど有名なものです。

また、一般的には利用される機会はないものの、事業を起こす際や運転資金などに使うお金を借りる「事業融資」というものもあります。

これらは、それぞれのローンごとに借りる方法や契約するためのポイントが変わってきます。そこで、主に個人向け融資に関して簡単な紹介と契約するためのコツを紹介していきます。

「住宅ローン」とは、冒頭でも説明した通り「不動産を購入するためのローン」です。

利用目的は不動産の購入のみであり、それ以外の用途にこのローンを利用することはできません。

利用する銀行によって詳細は異なりますが、非常に大きな金額のローンであることから少しの金利差が大きな差になることを意識することが大切です。

また、住宅ローンは購入する不動産が実質的な担保になるため、比較的借りやすいローンとしても知られています。

「カーローン」は、主に自動車を購入するために利用するローンです。

自動車のほかにもバイクなどを購入する際にも利用することができますが、これらの動産購入時にのみ利用できるローンです。

つまり、カーローンを利用して生活費を借りることなどはできません。

住宅ローン同様、カーローンも担保があるため比較的審査難易度は低めに設定されています。

「フリーローン」とは、いわゆる「カードローン」などと呼ばれるものです。

銀行の場合はフリーローンなどと言う名称を用いていることもありますが、消費者金融が扱っているカードローンと基本的な仕組みは同じです。

このローンは文字通り「自由な用途に使えるローン」なので、フリーローンで借りたお金で生活費を賄うこともできますし、旅行費用や趣味の費用に充てることもできます。

また、効率は良くありませんが住宅ローンなどに充てることもできます。

これらのローンの内、「住宅ローン」「カーローン」に関しては、契約難易度はそれほど高くありません。

もちろん、明らかに返済能力がない状態または返済能力以上の借り入れをしようとしている場合は借りられないことが多いですが、返済能力の範囲内だと判断できる状態であれば、よほどの理由がない限りは契約できると考えても問題ありません。

むしろ、一般的な会社員で債務を負っているわけでもない状態で住宅ローンの審査に落ちてしまった場合には、自覚しているかどうかにかかわらず何らかの理由があることを意識した方が賢明です。

先に述べている通り、住宅ローンやカーローンは「ほぼ債権を回収できる担保がある状態」なので、その状態ですら契約できない場合は非常に危険な状態です。

しかし、「フリーローン」の場合はそうはいきません。

フリーローンは要するにカードローンと同じ仕組みなので、担保も保証人も必要としないローンです。

そのため、借りる側は一切の面倒を排除することができるメリットがありますが、貸す側にしてみれば何の保険もない状態でお金を貸すことになります。

当然、それだけ大きなリスクを背負った状態で融資を実行するわけなので、ある程度厳正な返済能力や信用などを確認したうえで融資可否が判断されます。

適当な状態で審査を受けた場合、万が一にも非承認となった場合は「申し込みブラック」のリスクがあるので、以降の申し込みは半年以上の期間を空けた方が無難です。

2件程度の申し込みならば問題ない可能性もありますが、確実に問題ないとは言い切れない以上、万全を期して期間を空けた方が安心です。

必要性が高い状況であればあるほど、1件目の申し込みで承認されるように準備を整えることが重要です。

「上手に利用するコツ」としては、申し込みの段階では「自分の返済能力と信用能力を客観的に把握すること」が大切です。

統計などを参考にして自身のスコアを判断する方法もありますし、信用情報機関の情報を確認することも効果的です。

どんな方法であれ、客観的で意味のある自己評価を行う意味は非常に大きいです。

また、ローンを利用する上で最も気を付けなければいけないことは、「返済できるかどうか」という問題です。

いかに必要なお金であろうとも、返済できない可能性が高い状況では借りるべきではありません。

むしろ、それほど必要性がないお金だったとしても、返済できる可能性が非常に高い場合には借りても何の問題もありません。

銀行ローンを利用する場合、すべてのローンで「金利」が設定されます。

商品によって設定金利は異なりますが、金利=無駄なお金という認識を持ち、少しでも無駄なお金を減らす工夫が必要です。

必ず金利が設定されることを踏まえ、0.1%でも低い金利で契約できるように準備を進めるとともに、しっかりと比較することが重要です。