もしも金融会社のキャッシングサービスを使おうと思ったなら、消費者金融と、銀行のどちらがいいでしょう。

キャッシング業という点では同じ会社ですが、サービスの内容や、貸し付けの条件に、違いがあることは重要です。

消費者金融系のキャッシング会社と、銀行系のキャッシングのどちらから融資を受けるかは、判断の分かれるところです。

金融会社を選ぶ時には、両者の差をある程度は知っておく必要があります。

融資を受ける時には、銀行系キャッシングと、消費者金融系キャッシングのどちらが自分のニーズに合うかを知っておきましょう。

キャッシングが初体験という人は、消費金融系なら、気軽に借り入れることができます。

消費者金融会社の強みは、申込み手続きをすると、即日で融資を受けることができることです。

もしも、申込み手続きをして、審査が終わって融資OKという結果が出た時が午後2時前なら、当日中にお金を口座に振り込んでもらうことができます。

急ぎで現金を調達する必要がある場合、申込みから融資までを即日でやってもらえることは嬉しいものです。

ただし、融資金額の上限は年収の3分の1を超えてはいけないという法律があることや、金利が高めで利息が多くなりやすいという弱点があります。

審査のハードルが高く、時間も要することが銀行系キャッシングの欠点ですが、低金利で借りられることや、大口の融資が受けられること、総量規制の対象にならないという長所もあります。

何を優先してキャッシング会社を選ぶかは人によって違いますが、急ぎでないなら銀行系キャッシングのほうが有利です。