キャッシングの申込みをする時に大事なこととして、金利を確認しておくことがあります。

キャッシングサービスを利用する場合、平均的な金利は15%程度です。

これは銀行融資よりもかなり高金利です。

金利が違うのは、銀行がお金を貸す場合と、消費者金融会社がお金を貸す場合で、利益の確保の仕組みが異なっているからです。

銀行の場合、申込み者の信用能力をしっかり審査をして、貸したお金を確実に返済できるかどうかを見きわめようとします。

銀行が貸し出したお金は、利用者が自由に使えるものでは無く、前もってお金の利用目的が限定されています。

制約を定めた上で融資を行っているために、返済不能リスクが起きにくい状況になっているのが銀行融資の特性です。

逆に、審査のハードルが低くお金を借りやすいことや、借りたお金を何に使ってもいいものが、キャッシングサービスです。

貸したお金がきちんと返済されない可能性が高いために、消費者金融会社は高めの金利を設定して、利益を確保しようとしているわけです。

同業他社がしのぎを削るようになった昨今では、キャッシング会社も競って金利を下げ、お客を増やそうとしています。

銀行も、キャッシングに加わるところがふえています。

銀行のカードローンは、大口の顧客に対しては低金利の融資によって顧客を得ようとしています。

キャッシングをする人はどうしてもお金が必要な場合が多く、金利が多少高くても利用しますが、銀行の融資と比較すると高金利になっています。

もしも、キャッシング会社から融資を受けた場合は、可能な限り前倒しで返済をすることが、利息を切り詰めたいという時には有効です。