破産者が融資を受けたいときは、まず最初に口コミで調べてみることが大切です。

自己破産すると個人信用情報機関に記録が残されています。

金融会社は、新規の融資を行う前の審査で信用情報会社に照会をして、延滞や破産情報を確認します。

一般的に、金融会社は自己破産の経験がある人は返済能力が低いと判断し、融資を断ってきます。

信用情報会社は、自己破産の情報を5年~10年くらい管理しており、一定期間が経過すると記録は消えます。

金融機関が信用情報会社に照会をしても、既に破産情報が消えていれば、審査の結果に支障はありません。

記録に残っている期間は決して短くないため、それまでの間にどうしても融資を受けなければならない状況なることもあります。

そのような場合には、全く融資を受けられないということはないようです。

信用情報機関の情報に比重を置いている銀行や、大手消費者金融会社では、新規の融資は期待できません。

破産者でも融資をしてくれる金融機関を探すなら、中小規模の消費者金融会社が狙い目となります。

大っぴらにアピールしていない中小の消費者金融会社を見つけるためには、口コミ情報などの活用がポイントです。

破産者に対して融資をしている金融業者の中には、こちらの弱い立場につけ込んで、強引な取り立てや貸し付けをする会社もありますので要注意です。