一度でもブラックリストに載ってしまったら、以後は、新しく融資を受けることはできないのでしょうか。

返済の遅延や債務整理をすると個人信用情報機関にその記録がブラック情報として最大で10年間残ることになります。

これが、いわゆるブラックリストに名前を連ねるようになったという状態です。

新しくキャッシングやローンの申込みを行った場合、金融会社は審査の段階で信用情報会社に利用履歴の照会を行っています。

ブラックの情報があると信用を得ることが出来ず、融資の審査には通らなくなります。

とはいえ、審査で必ず断られるかというと、金融会社によっては融資OKと判断することもあります。

いわゆる審査が甘いと言われている、中小規模の消費者金融会社の場合、融資をしてくれることがあります。

ただし、返済能力の有無に関しては確認されるため、返済の遅延を起こした後、現在も遅延が続いているようであれば信用を得られません。

金融会社の中には、自己破産の記録が残っている人には絶対に融資はしないけれど、延滞履歴くらいなら融資の余地があるというところもあります。

小規模な金融会社から融資が受けられることになったとしても、金利が法律で決まった範囲内か、ヤミ金融でないかを調べておきましょう。

ブラックリストに載った人を狙っている闇金融もあるため、騙されて契約して、融資を受けてしまわないように注意することも大切です。

原則的に、キャッシングブラックの人は新規の融資を受けられません。

お金を借りる時には、完済までのめどをきちんとつけるようにしてください。