自己破産をしたことがある人が、新規のローンの申込みをした場合、融資可能かどうかを危ぶんでいる人は多いようです。

実際問題として、自己破産をしたらいわゆるブラックリストに載せられて、融資を受けられないと諦めている方もいるでしょう。

ですが、過去に自己破産をしている人でも、融資を受けることができたというケースはいくらでもあります。

新規の融資を求める時には、自己破産をしていても、借り入れ可能な条件というものがあります。

現時点で、信用情報会社にどんな情報が残っているかを、確認してみる必要があります。

自己破産の手続きをして免責が認められてから、少なくとも5年間は経過しているかという点が審査の中で重要な点です。

信用情報会社のキャッシング履歴は、5年が経過すると消えて、記録に残らなくなります。

自己破産などで債務整理をした場合は、この情報が消えるまでは融資してもらえる可能性は厳しいと言わざるを得ません。

そして、破産をした時に借入を行っていた金融業者では借入れは2度と行えません。

金融会社を選ぶ時には、利用経験がないところにしたほうが、新しい融資は受けやすくなっているようです。

自己破産の手続きをしたことがある人でも、5年以上がたっていれば記録がなくなっていることも多く、キャッシングの手続きがスムーズにいくようになります。

融資をする金融業者は今後の返済をしっかりとしてくれるかどうかを見ますので、自己破産してから5年以上たち、信用情報が回復して現在の収入に見合った借入であれば審査は通るものと考えれれます。