決済時にクレジットカードを用いた場合、どの返済方法にするかで、支払う金額が変わる場合があります。

月々の返済金額の限度額が決まっているリボルビング払いから、分割ばらい、翌月一括払いなどがあります。

どの返済方法でクレジットカードの支払いをするかで、返済総額が変動することがありますので、事前によく考えておくことです。

クレジットカードを利用している人でも、返済方法のことをあまり気にしていない人もいるので、一度確認してみることをおすすめします。

設定されている金利はクレジットカードの返済方法にも関係していますので、その点は知っておきましょう。

一括払いでは原則として金利がゼロなので、利用した金額のみを返せばいいので、利息の負担はありません。

もしも分割払いや、リボルビング払いを指定した場合は、利息をつけて支払わなければなりません。

クレジットカードの決済金額が大きく、支払いが完了するまでの期間が長いほうが、利息は高額になりがちです。

返済金額の内訳をチェックしてみると、リボルビング払いや、分割払いは、支払い金額に占める利息分が大きいことがわかります。

分割払いやリボルビング払いは、毎月の返済金額を抑えることができるので、生活を圧迫させない便利な返済方法でもあります。

月々の支払金額の上限を設けておいて、上限をオーバーした分は翌月以降に繰り越すということで、リボルビング払いは月々の支払い負担を抑えてくれます。

返済方法の違いを理解した上で、賢くクレジットカードを利用することが大切です。