新車を買う時に自動車ローンを組む人が少なくないですが、ディーラーによるローンと、自分で金融機関から借りるローンはどちらがいいでしょう。

自動車の販売業を営んでいるディーラーが、直接ローンの窓口になってくれることがあります。

担当してもらっている営業の人であっても、安易に手続きをする前に、十分に他の自動車ローンも試算してから決めることが大切です。

ディーラーが勧めてくるローンは、申し込み手続きがしやすく、審査も通りやすい傾向がありますが、設定されている金利が高くなりがちなことが、懸念事項です。

自動車ローンは大口の融資になるため、ちょっとした金利差が大幅な利息の差になることがあります。

自動車販売のディーラーの中には、ローンを利用すれば、以後の車検整備などをお得にしてくれることがあります。

ディーラーのローンを利用した顧客に限り、メンテナンスにかかる金額がお得になるというものもあります。

一方、金融機関の自動車ローンの中でも、期間を区切って金利を引き下げたり、借りやすくすることもあります。

金利の負担が少ないところが狙い目ですが、平日の営業時間内に店舗まで出向かなくてはいけない場合もあるので、日中仕事をしている人は契約するのが大変な場合があります。

家から一歩も出られない状況でも、ネットキャッシングなら、好きな時に融資が受けられます。

このため、自動車ローンの検討をする時には、借りたローンの返済以外にも、車検や整備費用についても考えなければなりません。

ディーラーのローンや、銀行のローン、信販会社のローンなど、ローンの内容やサービスの質はそれぞれ違うので、最も使いやすそうなところを探すことです。