学生がクレジットカードを作るとき、審査がありますが、収入がまったく無くても大丈夫なのでしょうか。

クレジットカードの審査といえば、収入は絶対に必要な審査項目であると思われますが、学生の場合は違うようです。

実は、年収がゼロでもクレジットカードの審査に通ることは可能なのです。

消費者金融などでお金を借りる場合には、総量規制があるので、働いて収入を得ている必要があるのは誰もが知っていることです。

自分で稼いでいない学生でもクレジットカードは使えるのは、クレジットカードのショッピングには、貸金業法があてはまらないからです。

もちろん、無職の人は審査に通ることは難しいですが、学生の場合には、勉強が仕事のようなものなので、学生向けのクレジットカードならば審査に通る可能性はあります。

未成年の学生である場合には、クレジットカードの申込み時には、親の同意が必要になります。

クレジットカードを作るときに注意すべきなのは、キャッシング枠については貸金業法が適用されて、消費者金融でカードローンを作るときと同じような審査がされてしまうということです。

そのため、無職の学生やアルバイトをしているけど年収が低いという人は、キャッシング枠の希望欄をゼロにしておくことが重要です。

お金を借りることが目的だと思われると、申込み時の審査に通ることが難しくなります。

自身の収入があまりない学生の場合、クレジットカードの申し込みをする時には、ショッピング枠の利用だけにしておいたほうが無難です。

学生でもアルバイトなどの収入があるのであれば、キャッシング枠もある程度はつけられる可能性があるようです。