住宅を購入する時にローンを利用する人が大半ですが、住宅ローンを利用した時には、住宅ローン控除についても知っておきましょう。

もしも、住居を新しく購入する時に住宅ローンを使うことになったのに、住宅ローン控除について知らないと、気づかぬうちに損をします。

ローンの返済が少しでもやりやすくなるようにバックアップをするというのが、住宅ローン控除というシステムがある理由です。

住宅ローン控除とは所得税を控除するものであり、対象となる金額はその年の住宅ローンの残高と、住宅の取得対価の低い方の1%があてはまります。

所得税を全額控除してもまだ余剰があるという時は、住民税からも一部控除できるというシステムであり、支払う税金を安くできるというものなのです。

購入した家に住み始めた年が計算のスタートになりますし、住宅ローン残高を確認する時にも、金額は上限額が決まっています。

不動産を購入したのはいつの時点なのかで、控除額は大きく違ってきますので、それは事前にチェックしておく必要があります。

現時点では、住宅ローンの控除は400万円までとになっていましたが、平成26年までは、住宅ローンの控除は200万円と定められています。

どうしてこんなに変化したのかといえば、平成26年には消費税率の引き上げが起こり、住宅ローン控除の仕組みも変わりました。

確定申告は自分で作成し、提出しなければいけないものですから、書類が作成できるくらいの知識を持っていなければなりません。

確定申告が終わるまで煩雑だと感じる人もいるかもしれませんが、場合によっては住民税も安くなりますので、お得なこともあります。

住民税や、所得税を、住宅ローンの控除によって軽減することができれば、以後は住民税や、所得税の支払いがきっと楽になるでしょう。