現金を所持していない時でも、クレジットカードがあれば、買い物を楽しむことができます。

ショッピングの利便性だけでなく、クレジットカードに付いているポイント還元のサービスは、見逃せない重要なポイントです。

最近は、商品を購入する時にクレジットカード決済ができるだけでなく、光熱費や、家賃の支払いにもクレジットカード払いが対応しています。

保険料や住んでいる場所によっては自治体に支払う税金もクレジットカード払いが出来ることもあるようです。

ポイント付与サービスがついたクレジットカードも多く、たくさんの人が積極的に使っています。

クレジットカードは、利用額に応じたポイントが蓄積する仕組みがあります。

中には還元率1%のポイントサービスもあります。

還元率が高ければ高いほどポイントの貯まり具合はよくなりますが、還元率1.5%以上になると年会費有料のカードがふえてきます。

還元率が1%で年会費が無料のクレジットカードもあれば、1.5%で1500円の年会費が必要になるものもあります。

両者の条件を確認してみると、還元率で年会費ぶんの差を取り戻すには、一年で30万円以上のカード決済が条件になります。

ショッピングや家庭の固定費の支払を年間いくらになるのか計算してみて、30万円以上になるかどうかが比較のポイントです。

年会費分を取り戻すためには、1年で30万円以上クレジットカードで支払いをすればいいのですが、それができるかを確認しましょう。

クレジットカードを選ぶ時には、カードの利用上限額を考慮に入れた上で、いくらくらいのカード決済をするかを考えることです。