返済をしやすいうようにと、住宅ローンの借り換えをする人は多いですが、その際に意外と重視する必要があるものが、諸経費の項目です。

もしも借り換えをする場合、それに伴う経費はいくらになるのか、金融機関ごとに調べてから手続きをするようにしましょう。

金利の低さだけで借り換え先を決めたとしても、借り換えの経費が高くつけば、結局はお得にならないことがあります。

住宅ローンの借り換えをした場合に、大きな割合を占めるのが、保証料と事務手数料などの諸費用です。

メガバンクや都市銀行では保証料が大きな割合を占めるので、事前にチャックすることが大変重要なポイントです。

保証料を0円にして融資を行っているのは、インターネットの銀行になります。

ですが、事務手数料がネット銀行は高くなりやすいので、やはり借り換えについては、費用がかかると考えていいでしょう。

借り換え時の保証料0円はインパクトが大きいかもしれませんが、他の経費も合わせて計算すると、結果的にはそれほどでもなかったりします。

また、案外と忘れられやすいことが、最初の住宅ローンで保証料を一括で支払っていた時には、繰り上げ返済をするとその保証料が返ってくることがあるというものです。

住宅ローンの借り換えでは、戻ってくる保証料も計算して、メリットがあるかどうかを検討することが大切です。

保証料は繰り上げ返済をして、返済期間を短縮すれば戻ってくるのに対して、事務手数料は戻ってきません。

事務手数料や、保証料などの諸経費がどのような支払われ方をするのかを理解した上で、住宅ローンの借り換えを考えるようにしてください。