現在の住宅ローンから、別の住宅ローンに借り直したいと考えている場合、重視すべき点はどこでしょう。

住宅ローンの借り換えに関しては、金利が下がっている今がちょうどいい時ですので、ぜひ考慮してみてください。

住宅ローンの借り換えでメリットが出るためには、残りの返済期間が10年以上あることがひとつの目安となります。

借り換えをしたところで、完済までの期間が短ければ、得をすることはできません。

住宅ローンの借り換えが有利になるかは、今の住宅ローンより金利が0.1%以上は低いこと、残高がまだ8桁以上あることでわかります。

住宅ローンの借り換えを考える時には、以上の内容を検討するようにと、昔からよく指摘されていたことです。

しかし今では、昔ならば考えられないようなタイプの住宅ローンもあるようです。

最近は、金利の違いはあまりなくても、手数料ほほとんどかけずに住宅ローンの切り替えが可能な金融機関もあり、借り換えの効果は見た目以上に高いということもあるようです。

最終的な判断としては、今の住宅ローンの利息も含めた支払い残高と、新しい住宅ローンの諸手当を含めた返済の総額を比べて、安くなっているかどうかです。

借り換えのたほうが、結果的に支払う金額を安く抑えることができるなら、借り換えをしたいと思うものです。

仮に、住宅ローンの借り換えをしたとして、新しく借りた住宅ローンの返済と、借り換えに生じた手数料を足すと、前の住宅ローンより高くなっては、借り換えは無意味です。

この頃は、借り換えに関しての費用が10万円程度でできる、非常にお得な住宅ローンもあります。

検討しても損はないかもしれません。