現金決済を用いた決定ではなく、クレジットカードではカードを使って決済ができます。

クレジットカードは今では一般的なものになりつつあり、融資をする時にも使えるものもあります。

キャッシング枠が付帯しているクレジットカードは、クレジット決済のほかに、現金融資も受けられるわけです。

クレジットカードでありながら、キャッシング枠までの金額を、何度でも借り入れができます。

クレジットカードのキャッシングサービスを利用した場合は、後日ショッピング利用分の請求と一緒に返済する必要があります。

キャッシングで借りたお金を返済する時には、次回一括で払うこともできますが、リボルビング払いにも対応しています。

リボ払いにすれば月々の返済負担は軽くなりますが、一括払いにしないと利息が加算されてしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠を使うほど懐事情がひっ迫している人の中には、リボ払いで細々と返済している例もあります。

翌月にまとめて請求されても返しきれないという人は、リボ払いにして負担を減らすほうが賢明です。

1カ月の返済を最大いくらまでと決めておいて、超過した分は翌月に回すという方式が、リボ払いのやり方です。

毎月の負担を抑えられることは、リボ払いの一番のメリットになりますが、デメリットもあります。

カード利用額が高すぎて、リボ払いで返済していると何年もかかってしまうような場合、元金がじりじりとしか減らずに、利息ばかり支払うハメにもなります。