最近は、コンビニでもクレジットカードを使った買い物に対応するようになってきています。

最近のコンビニは、クレジットカードで支払いを済ませる時でも、2万円以下ならサインも不要になっています。

財布の中に持ち合わせがなかったとしても、クレジットカードを使えば欲しいものを買うことができて、非常に楽です。

現金と比べるとスムーズに決済を行うことができるだけでなく、支払いが完了する前に先に商品を渡してくれるところもあるぐらいです。

購入額に応じてポイントが貯まるというメリットもあります。

コンビニは様々なポイントサービスに加入していることが多く、その系列店ではポイントカードとの併用もできます。

クレジットカードを使うことで割引サービスが得られるところもあり、現金払にはないサービスも整っています。

有価証券はクレジットカードで決済ができないので、切手や印紙を買う時にはお金か必要です。

この頃は、クレジットカード決済はごくありふれたものになっていますが、利用時に用心しておきたいことがあります。

以前には、コンビニで使用したクレジットカードの番号がレジで不正に複写されて、勝手に商品を購入されてしまった事件がありました。

レジ付近は商品も多く、決済時に目移りしがちですが、安全性の観点から店員の動向を確認する必要もあります。

クレジットカードの裏面のセキュリティコードを隠すなどの自己防衛策を講じることも重要になります。