コンビニでクレジットカードを使った買い物ができるくらい、クレジットカードを使った決済の普及がされています。

コンビニを利用する頻度が多い人ほど、コンビニでのクレジットカード決済の便利さを痛感することでしょう。

コンビニでクレジットカードを使う場合、利用側には基本的に手数料は掛からないと考える事が出来ます。

大抵の場合、コンビニで買うものは少額決済が中心です。

そのため、翌月一回払いでクレジットカードを使う人がほとんどになります。

多くのクレジット会社では、1回払いにおいて利息は請求されないので、利用者への決済時の手数料は発生しない仕組みとなる訳です。

クレジットカードが使えるようにするために、コンビニは手数料を払いますが、商品の価格に影響することはありません。

家電販売店のように、現金で支払うと割引があるというサービスもコンビニにはないので、気にせずクレジットカードを使用できます。

クレジットカードを使って買い物をした時には、カードにポイントが加算される場合もありますので、クレジットカードを使うほうがお得です。

手数料が実質無料である事を加味すると、コンビニでのクレジット決済は現金払いよりもお得と言えます。

コンビニにとっても、クレジットカードで買い物をしてもらえばレジの時間が短く済みますので、歓迎する傾向があります。

支払いが簡単に出来て、ポイントの特典が得られるクレジットカードの決済を選ばない手はありません。

毎日の買い物をより便利にするためにも、コンビニでもクレジットカードを使っていくようにしましょう。