クレジットカードで買い物をすると、手数料が発生することは、広く知られています。

ただし、手数料のかからないクレジットカードの使い方もありますので、仕組みをよく理解して、カードを使いこなしましょう。

クレジットカードは、一括払いか、2回払いで支払いを行う時は手数料がかかりません。

クレジットカードを手数料なしで使えるということは、利息0円で金融会社から融資を受けているようなものといえます。

1カ月のキャッシング融資を利用すれば、金利基づいた1カ月分の利息がかかってしまいます。

キャッシングなら発生する利息が、クレジットカードの場合はつかないということになります。

どうして一括払いや二回払いだとクレジットカードの手数料がつかないか、不思議に思う人もいます。

一括払いでクレジットカードを利用された時でも、クレジットカードは何らかの方法で益を出さなければなりません。

クレジットカード会社は、提携している店舗と契約をしており、カード決済があった時は提携店舗から手数料を受け取っています。

クレジットカード会社からすれば、加盟店からの手数料の支払いがあるので、カード利用者からの手数料はなくてもいいわけです。

基本的には、カード加盟店は手数料を直接的には商品価格にプラスせず、別の形で回収するということになっています。

手数料が発生しない以上は、逆にポイントがつく分、現金払いよりクレジットカード払いのほうがいいこともあります。