最近では、買い物をする時にクレジットカードを使う光景が、一般的なものになっています。

どのようにしてクレジットカードは成り立っている物か、知った上で使うと、気をつけたい部分がわかります。

最近は、少額の決済でも、クレジットカードを使った買い物をするという人が多くなってきているようです。

クレジットカードの手数料は、1度の支払い日に全額を返済している限りは、加算される手数料がありません。

ただし、クレジットカードと提携している店舗の中には、提携店舗がクレジットカード会社に支払っている手数料の一部を、商品価格にプラスしていることがあります。

現金払いではそうではないのに、クレジットカードで決済をする時だけ、5%なら5%のクレジットカード手数料を足した金額が請求されるというケースです。

クレジットカード会社は、手数料分を商品価格に転嫁しないことを前提に、契約店舗と話を交わしていますので、これは契約違反です。

もしも、クレジットカードを使う時に手数料を請求されるようなことがあったら、それは正規の行動なのかをチェックすることが重要です。

本当はよくないことですが、その店で買い物をする時には、手数料がプラスされた商品を購入することになります。

もしも手数料を払わないようにしたいなら、品物を買うのをやめるか、現金払いで欲しいものを買うようにすることです。

それでいいと納得ができれば、手数料をつけた状態で、クレジットカード決済をすればいいだけです。

手数料かいつ発生するかを理解した上で、クレジットカードを適切に使い、買い物に役立てていきたいものです。