クレジットカードを申し込んだ場合、キャッシングの利用履歴が審査対象になります。

申込みをした人の信用能力を確認した上で、クレジットカードの顧客になっても大丈夫であることを調べてから、カードができるという仕組みです。

クレジットカード業界の信用情報機関に、新規に申込みをした人のクレジットヒストリーを照会することになります。

もしも、自己破産をしてから5年以下の歳月しか経過していないという人や、過去に利用したキャッシングやローンの返済を、長期に渡って遅らせたことがあるという人は、クレジットカードの審査を突破できないことがあります。

また、銀行系カードローンや消費者金融会社などでキャッシングを行い、それらの借金を期日通りに支払えず、滞納したことがある人なども、クレジットカードの新規申込みが難しくなります。

銀行業界においても、消費者金融会社などの貸金業界においても、それぞれ信用情報機関があります。

大抵のクレジットカードは、顧客からの新たな申込みがあると信用情報機関に照会をして、過去の情報をチェックしており、審査の判断に利用しています。

キャッシングや、カードローンなど、金融会社からの融資を返済できているかどうかは、過去のクレジットカードの利用の仕方と同様に、審査の重要なポイントです。

あまり知られていませんが、携帯電話やスマートフォンを分割で購入し、支払いが延滞するとクレジットヒストリーに記録として残りますので、注意が必要です。

信用情報会社に事故情報が掲載されると、新たなクレジットカードの利用も、ローンの申込みも不可能になりますが、それ以前の話として、借りたお金はしっかり返済することです。

クレジットカードの申し込みをしたという履歴も、信用情報機関に残るようになっています。

短期間に複数のクレジットカードの申込みをした場合も審査に通りにくくなるので注意が必要になります。