金利が低くなっていることから、住宅ローンを借りかえる人が最近は増加しているようです。

通常のカードローンの借り換えでは、単純に金利が低いところに借り換えれば得をします。

住宅ローンの場合は、単純に金利が低いところに借り換えをしても、必ずしも得をするとは限りません。

住宅ローンでは、借りかえ手数料などが高額になりますので、それらも加味した上で得になる金利差を探す必要があります。

住宅ローンの借りかえでは、保証料と、事務手数料についても、考えなければいけません。

もしも、大手の銀行の住宅ローンを借りかえようした場合、保証料を支払わなければローンの融資が受けられません。

インターネット上の銀行なら保証料が少なく済むケースもありますが、事務手数料がかさむ可能性も少なくないようです。

保証料と事務手数料を合わせると、結局は都市銀行もネット銀行もあまり変わらない諸費用になることもあるようです。

比較のポイントとしては、金利が今より低いことを大前提として、金利が下がることによって節約できる費用よりも諸費用が上回っていないかどうかを確認しましょう。

仮に、多めに返済ができそうな時には住宅ローンの返済を前倒しで終わらせたいと考えている人がいるなら、繰り上げ返済手数料が無料なのか、有料なのかもチェックしておきたい事柄となります。

完済までにかかる費用を減らすためには、繰り上げ返済を上手に使っていくことです。

一度住宅ローンの借りかえについてシミュレーションをしてみることで、どのくらいお得になるかを確認することができます。