クレジットカードを発行する際、どの会社に申し込んでも必ず審査が行われています。

新規のクレジットカードが欲しい時には、クレジットカード会社の審査を受けて、カード発行の手続きをしてもらいます。

月々の収入や、年齢、勤務先から、どの程度お金を返す能力を持っているかを、クレジットカード会社は見極めます。

クレジットカード会社によって審査の項目は違いますが、勤務先会社の規模や、家族の人数、仕事の内容なども重視されます。

年収、働き方、家族などの個々の情報が点数化されて、トータル何点かで審査でOKが出るかがわかります。

貸付時の金利や、利用限度額、審査の難しさは、大きく見て信販系、流通系、銀行系のクレジットカード会社ごとに違います。

一般に銀行と信販系のクレジットカード会社は審査が厳しく、流通系は主婦やフリーターでも通りやすい傾向にあります。

始めは少額の融資しかしてもらえない人でも、きちんと返済をして実績を上げれば、条件緩和も期待できます。

もしも、今まで借りたお金の返済を滞らせたり、債務整理をするなどしていると、クレジットカードの審査を受けても通らなくなってしまいます。

過去のキャッシング利用履歴が、個人信用情報機関には記録されています。

大体5年くらいは、その記録が照会されると考えていいでしょう。

キャッシング利用歴が白紙だと、債務整理をした人である可能性があります。

何度も延滞をしている人や、返済を遅らせた人は、返済能力が低いと見なされます。

申し込みをする時に、提出する書類の内容が正しくないと、審査では落とされてしまいますので、よく注意をして書類を作成してください。