年会費のかからないクレジットカードと、年会費の必要なクレジットカードがあるのはなぜでしょうか。

クレジットカードには、月々の決済額の計算や、銀行口座への引き落とし手続き、カード自体の発行、有効期限の管理、個人情報を管理する費用など、様々な経費がかかっています。

クレジットカードを所有しているすべての会員から年に1回、年会費の支払いをさせることによる顧客のスクリーニング効果です。

たとえば、クレジットカードカードを全く使用していない顧客がいた場合、年会費の支払い時期がくると、ほとんどの場合において、解約の手続きをします。

クレジットカードを持っているだけで使うあてがない幽霊顧客がたくさんいてもデータの管理が大変だけですから、クレジットカード会社側も解約されることは好都合といえます。

年会費が有料になっているクレジットカードは、退会の意向が顧客側から働く事によって、業務の適正化の一助になっている面があります。

クレジットカードのバリエーションは非常に豊富で、中には年会費を必要としていないようなクレジットカードもあります。

クレジットカードの年会費が必要ないという場合は、クレジットカードの運営費用については、決済時に発生する手数料で行われています。

顧客には嬉しい配慮に見えますが、利益確保の為に還元されるべきサービスの一部が省かれているケース等もあるようです。

年会費の有無はクレジットカード選びの材料としても重要な項目の1つとなっています。

ただし、クレジットカードを選ぶ時に、年会費の有無だけで全てを決定するのもいい方法ではありません。

年会費だけでなく、クレジットカードに付帯しているサービス内容についても評価することが大切です。