キャッシングや、カードローンは、早急に現金を用立てなければいけないけれどお金がない時にとても有用です。

多くの人に利用されているカードローンやキャッシングですが、この2つの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

カードローンもキャッシングもお金を借りる点は同じですが、おもな違いは融資金額と返済方法になります。

一度の支払いで全額を払うキャッシングに対し、カードローンは分割での支払いが基本です。

一回の融資で貸す金額が少ないことから、キャッシングでは返済が一度で終わることが多いという考え方になります。

キャッシングは1万円から借りることができて、貸付上限金額も50万円程度という少額融資がよくあるパターンです。

短期間で、少額の融資を行うスタイルがキャッシングてば多いので、カードローンよりも金利自体は高めになっています。

これに対して、カードローンは融資金額が大口になり、数十万円から数百万円までの規模になります。

借入れする金額が大きくなるため、返済方法は残高スライド方式か、定額のリボルビング払いが一般的です。

大口で低金利の融資になると、審査をクリアしにくくなります。

特に銀行のカードローンは、貸付条件がいい分、審査が大変です。

貸付金利にも違いがあります。

融資額が大きく、返済に時間がかかる場合は、金利設定は小さめになっています。

キャッシングも、カードローンも、違うところがありますので、どちらの借り方が自分に合っているかをよく考えることが大事です。