オートローンは、新しく自動車を買おうとする人のおよそ7割が利用しているといいます。

自動車を新車で購入するとなるとまとまったお金が必要になるので、現金で一括して支払う人は、ほとんどいないでしょう。

金融機関のオートローンを遣うということは、お金を借り入れるという意味ですから、返す時には利息をつけて期日までに返すことになります。

オートローンを使う時には、金利に注目して、借入条件を確認する必要があるでしょう。

金利の差といって0.5%差だったり、1%差だったりするので、つい軽視してしまう方もいるようです。

けれども、オートローンは借入金額が高額になりやすく、時間をかけて返済をしていくため、わずかな金利差による利息の差も無視できません。

オートローンを選択する時には、金利のちょっとした違いにも注意を向けるようにすることが大事です。

金利はローン会社によって異なり、一般的に正規ディーラーで組むオートローンは金利が高くなっている場合がほとんどです。

ディーラーと提携した金融会社のローンを利用すると、割引サービスや各種オプション、下取り価格などもあって、とてもお安いようにも見えます。

けれども、オプション装備や割引は別で交渉する余地がありますし、下取りは一括査定をするともっと高くなる可能性がありますので、まとめてしてしまわないほうがいいでしょう。

ローンを組めば分割払いができるということを、大抵の自動車会社はアピールしてきます。

ローンを利用してもらうとで、仲介料が入るためです。

近年では、インターネットでオートローンの比較や申し込みもできるようになり、利便性が増しています。

1%台で融資を行うネット銀行もあるようです。