同じクレジットカードを買い物に使った場合と、借り入れに使った場合とでは、返済金額は同じにはなりません。

キャッシング機能があるクレジットカードは一枚あればとても重宝しますが、ショッピングとキャッシングの差は知っておくべきです。

どちらもお金を借りることになり、返済時に金利が掛かる場合とかからない場合とがあるので、利用する際には確認しておきましょう。

もちろんカード会社によって条件は違いますので、きちんと自分の持っているクレジットカードがどのぐらいの金利なのかを把握しておくことが大切です。

大抵は、クレジットカードをショッピングに使ったほうが、低い金利でカードを使うことができるようになっています。

このクレジットカードの仕組みを理解していれば、買い物はキャッシングではなく、ショッピングを利用すれば、より安い金利で借入することが可能です。

カードは無限にお金がわいてくる魔法のアイテムではなく、支払いは必ずしなければいけませんので、返済可能な金額だけを利用しましょう。

手持ちの現金がなくても、クレジットカードがあれば決済が可能ですが、使った分は後日必ず支払わなければいけないものです。

クレジットカードの使いすぎによって、自分の返済能力以上の金額を借りてしまえば、いずれ苦しくなることが目に見えています。

まず借りる前には本当に必要かどうかを判断した上で上手に賢くクレジットカードを利用していくのがよいでしょう。

最近は、クレジットカードを1人で何枚も持っていて、買う商品の内容や、シチュエーションに応じて使い分けているという人も、大勢いるようです。

それぞれのクレジットカードの特徴やメリットを理解して、上手に活用していただきたものです。