最近は、毎月の収入が一定していないような主婦でも、ローンの申込みが可能です。

総量規制が定められてから、収入によって借り入れ金額が制限されるようになりました。

法律によって、返済金額が年収の3分の1を越えるような借り入れ可能金額の枠を持つことが、できなくなってしまいました。

従って、年収があまり多くない家庭の主婦は、消費者金融会社からの融資を希望しても、総量規制の制限額を超える融資が受けられなくなってします。

専業主婦が融資を受けるには、配偶者の同意がなければいけなかったり、配偶者の収入を証明する書類が必要になるなど、手続きがやりにくくなります。

もしも銀行からお金を貸してもらえる見込みがあるなら、銀行のローンは総量規制の対象外なので、年収の制限なく借りることができます。

消費者金融会社の中には、銀行業も展開することで、総量規制が適用されないローンを扱うところもあります。

これまでは消費者金融会社だったところでも、銀行と結ぶことで、銀行業もしている金融会社になってローンを貸すこともあります。

銀行と結びついている金融会社のローンなら、収入が一定していない主婦でも、お金を貸してもらえます。

ネットで情報を集めれば、主婦でも審査を通ることができるようなローンはたくさん見つかりますので、手続きもしやすくなっています。

インターネットで、主婦でも借り入れができるローン会社を探すことで、色々な候補をピックアップでき、ネットの窓口からの申込みもできるでしょう。

ネットからの申込みや手続きや、返済のしやすさなど、主婦が安心して使えるローンになるように、金融会社も工夫をこらしています。