現代では、1人の子供を大学まで出した場合は、幼稚園から大学まで公立にしか行かなかったとしても、3千万円必要だといいます。

公立には行かず、全てを私立高校だったとすれば、倍額がかかるといいますから、家が一軒建ってしまいます。

これが、私立の医学部や、歯学部などに通わせることになった場合は、もっとお金がかかります。

ここまで高額のお金が急に必要になると、手持ちの現金では不足するという人もいます。

思いがけず必要になって教育費用を支払うために、教育ローンを使う人は大勢います。

教育ローンとは、教育のためにお金を借りることです。

教育費といっても、入学金や授業料のほかにも、生活費などかかる費用はたくさんあります。

家から通うことが難しく、1人暮らしをする時に、家賃として教育ローンで借りたお金をあてることも可能になっています。

銀行の教育ローンのいいところは、金利が低く、少しずつ時間をかけて返せることです。

教育機関に通っている時には元金の返済を先送りにできたり、歯学部や医学部の場合は返済を伸ばすということもできます。

仮審査まではインターネットでの申込みでよく、正式に書類を交わすのは審査の結果で融資が認められてからという形でやり取りをしているようです。

教育ローンの一般的なイメージは大学の学費ですが、それ以外でも、専門学校や高校などても利用できます。

仮審査は合格前でもする事が出来ますので、事前にかかる費用を計算して早めに申込みしておくことをおすすめします。