ショッピングを楽しむ時に、クレジットカードを活用しているという人は、今や珍しくはありません。

カードローンで融資を受けて、金銭を必要としている時にあてているという方もいるようです。

クレジットカードと、カードローンは、近いもののように見えて大きく違っていますが、その差はどこにあるでしょう。

カードローンの特徴は、クレジットカードのように支払いの精算はできず、お金を借りられることにあります。

クレジットカードはお金を借りることができるように、キャッシングカードとしての機能をつけ足しておけます。

しかしクレジットカードに付随しているキャッシング機能の場合は、借り入れが出来る限度額はカードローンとは随分と異なってきます。

カードローンの方が利用限度額は大きくなります。

返済方法もまた別です。

カードローンの返済が分割可能であることに対して、クレジットカードのキャッシングは、一度に全額返済が基本です。

トータルで考えた場合、お金を借りたいということだけなら、カードローンでまとまった金額を借りて、分割払いをするといいでしょう。

クレジットカードの本来の役割は買い物であり、キャッシングは二義的なものでしかありません。

クレジットカードでも、カードローンでも、借りたお金は確実に返済できるように、返済計画をしっかりつくっておくことです。

クレジットもカードローンもきちんと使えば、これほど便利なものはないです。

きっとたくさんの方の味方になってくれることでしょう。