最近でこそ、たくさんの人がクレジットカードを当たり前のように持っていますが、10年前はそれほど広まっていませんでした。

日本国外に行く時には必要なこともあったため、海外旅行のためだけにカードをつくる人もいたようです。

海外は現金を持つこと自体がリスクの高い行為だったために、クレジットカード払いが安心だと言われていました。

旅行先ではクレジットカードでの買い物をしていても、日本では現金で支払うことが一般的で、クレジットカードの出番はありませんでした。

昔は、いちいちクレジットカードが使える店かを確認する必要がありましたし、クレジットカード提携店舗もごくわずかなものでした。

今ではクレジットカードはごく普通の存在となり、カードが利用できないお店を探すのが難しいくらいになってきました。

色々なサービスがクレジットカードにはついています。

得にポイントが付与される特典は、とても人気があります。

せっせと貯めたポイントを割引きに用いて、欲しいものを安く買うということもできるのです。

リストにある商品とポイントを交換したり、金券の状態に変えてもらうことも可能です。

今では、多種多様なサービスを扱うクレジットカードの発行会社があるため、多くの人が続々とクレジットカードを使っています。

クレジットカード会社は、快適なカード決済のためにポイントや割引きなどの付加価値をプラスしています。

年会費永年無料のクレジットカードやマイレージが貯まるタイプのものもたいへん人気があり、多くの人に選ばれているようです。