多くの金融会社が、フリーローンでの融資をしています。

担保や、保証人がいなくてもお金を貸してもらえることがフリーローンの強みであり、個人に対する融資をするものとなります。

事業目的でなければ、何に使ってもいいお金を借りられますので、ローンの借り換えや、家計、急な冠婚葬祭、飲み会や趣味などに充当できます。

フリーローンは、一度借りると、再度の借り入れができないので、あとは完済するだけです。

月々の返済は、口座を指定しておいて引き落とす形になるので、返し忘れもありません。

大手銀行の扱うフリーローンのほうが、低金利になります。

フリーローンを銀行から借りようとする時の注意点は、銀行の審査は難しいので、審査の段階でNGが出る可能性があることです。

低金利で融資を受けられる分、銀行側も確実に返済できる相手に融資を行うために、資産や収入や勤務先などをじっくり審査します。

フリーローンは、地方銀行や、ネットバンクで利用することも可能です。

地方銀行のフリーローンは大手銀行と同じくらいの金利でできますし、ネットバンクは申込み手続きが簡単です。

地方銀行のフリーローンは、その地域にある会社で働いてたり、住んでいる人でなければ申し込むことができませんが、収入条件か緩和されている銀行も少なく、口座を持っている銀行は融資が受けやすいといいます。

もしも、大手の銀行から融資を断られた場合には、地方銀行や、ネット銀行が選択肢になりえます。

カードローンと違って、フリーローンの融資は一度きりなので、カードローンより審査でOKが出やすいとも言われていますが、収入面に不安があれば、審査に通らないこともありますので、事前に情報収集をしてみてください。