銀行での融資と消費者金融のキャッシングの一番の違いは、利息の高さです。

消費者金融のキャッシングは、銀行での融資に比べて利息が高く設定されています。

金融会社からお金を借り入れるという部分では一致していますが、銀行と、消費者金融とでは差があります。

銀行の融資は、最初に目的を設定して、そのためのお金を借りる形になります。

例えば、住宅ローンはまず家を買うという目的があって、そのために必要な資金が融資されます。

設備投資関連の融資なら、それのみのお金です。

銀行が融資についての審査をする場合、申込み者の収入や資産について調べるだけでなく、購入予定の家屋などについても審査をして、判断をしています。

融資する金額や利息なども、こうした点を考慮した上で決められるので、希望通りにお金が借りられないというケースも発生します。

銀行での融資は、借り入れを行う人の資産状況をしっかり審査してから融資の決定がされるので、消費者金融会社のキャッシングを比べて手続きは大変です。

これに対して、消費者金融会社のキャッシングは、借りたお金の使い道にも限定はなく、審査の基準もかなり緩めです。

何に使ってもいいお金が借りられるために、フリーローンという呼び名もあります。

銀行の融資と比較すると、消費者金融会社の貸し付けは、どうしても高金利になります。

借りたお金を返せなかったという人がいても、ある程度のもうけは確保できるように、金利は高くせさせるをえません。