クレジットカードは私達の生活にとって身近なものになっており、数枚のクレジットカードを利用している人もいます。

わざわざ現金を持ち歩かずとも、クレジットカードがあればショッピングができて、手続きもスムーズです。

またクレジットカードを作るということは、社会的な信用にもなります。

自分の裁量でお金を動かすようになるころには、多くの人がクレジットカードをつくります。

多くのクレジットカードは、買い物に使うショッピング枠と、融資に使うキャッシング枠があります。

日本から海外に行く時は、クレジットカードを利用する機会が増えます。

海外旅行中は、日本ほど安全は保証されていないことを常に認識し、多額の現金を持ち歩くと盗難や強盗に遭う可能性を考える必要があります。

日本人旅行者はお金をたくさん持っているという印象がありますので、狙われがちです。

身の危険を防ぐためにも、海外では極力現金を持ち歩かず、クレジットカードを使用するという人が多いです。

旅行中に外食したい場合や、タクシーなどの乗り物で移動したい時でも、クレジットカードで支払いはできます。

クレジットカードの中には、航空運賃の支払いをクレジットカードで行うと、マイルポイントが入るものもあります。

クレジットカードの信用で、一定額の現金を借り入れることもできるので、旅行中の現金調達手段としてもとても優秀です。