キャッシングを利用するためには申し込み時の審査に通らなければなりません。

キャッシングの審査は、金融会社によってハードルの高さが異なっており、審査で断られる人もいます。

キャッシングの審査は、どこに申し込んでも断られる人がいれば、高額融資もOKという人もいます。

キャッシングの審査では、どういった点が高く評価されるのでしょうか。

キャッシングの審査で金融会社が高く評価する人は、同じ会社てずっと働いている人です。

キャッシングの審査では、色々な会社を渡り歩いている人よりも、一つの会社にずっと勤めている人が返済能力を高く見積もります。

安定した収入があるかどうかも重要視され、勤続年数だけではなく雇用形態も判断材料となります。

自営業や、アルバイトなどの非正規雇用の人より、正社員のほうが収入が一定していると見なされます。

同じ会社で働き続けていられないような人は、審査では不利になります。

一つの会社でずっと仕事をしていない人は、月々の収入がコンスタントにならないためです。

他のキャッシング会社から融資を受けているという人は、審査で低く評価されることがあります。

総量規制の範囲内でのみの融資しか利用できないので、年収の1/3までが借り入れ可能な金額になります。