融資を行っている金融業者には消費者金融やクレジットカードなどの信販系、銀行などがあります。

それぞれの金融会社は貸付条件が異なっていますが、傾向として、銀行系のキャッシングは低金利です。

銀行以外の金融会社は、審査の基準があまり厳しくないですが、それだけに貸し倒れを警戒して、金利を高く設定しているようです。

誰でも気軽に融資を受けられるようにしている分、金利は高めにとって、返済ができない人がいても損が出ないようにしています。

銀行は審査を厳しくして貸し倒れのリスクを下げているため、低金利を実現できます。

ただし、融資にも様々なものがあり、収入なしでも利用できるものは銀行でも高めの金利設定になっています。

融資の限度額と金利の関係も見逃せない点なので、融資を受ける際にはしっかり確認しておきましょう。

消費者金融会社の中にも、大口の融資が可能なところがあります。

ですが、総量規制によって貸し付け上限金額が決まっていますので、高額融資といっても限度が在ります。

貸付金額が法律によって頭打ちの状態になっていますので、金利を低く設定する余地がないこともあります。

銀行の融資は総量規制の制限がありませんので、年収の3分の1をオーバーしても、融資を受けることが可能になっています。

このことから、低金利で融資を受けたい場合は、銀行から検討するのが適しています。

銀行で融資を受ける場合には審査に時間がかかると言われていますが、即日融資可能なものもあるので、急ぎの場合でも利用できます。