お金が必要だけど、現金の持ち合わせがない時でも、クレジットカードがあればキャッシングも、ショッピングもできます。

クレジットカードにの中にはキャッシングサービスが付帯しているものもあり、消費者金融のキャッシングサービスと同様に使えます。

キャッシングした場合の金利は年18%となっていることが多く、他のローンと比べて随分と高くなっているのが特徴です。

金利何%のローンなのかは、金融会社ごとに大きく異なりますので、事前に金利については調べておくことが重要です。

カードローンは無担保でお金が借りられる融資で、資金使途が自由ですが、金利はやや高めに設定されています。

住宅ローンは、金利1~3%と低めの金利になっていますが、そのかわり、ローンを組む時には担保を必要とします。

銀行のカードローン金利では、大きくても14~15%となっています。

多くの場合、クレジットカードのキャッシング機能は高金利で、年率18%くらいであることが多いようです。

クレジットカードは簡単にお金を借りることができる大変便利なものですが、金利の分だけ余計に返済しなければなりません。

また、カード決済をする時にクレジットカードを使った場合、一括払いなら手数料無料ですが、支払い回数が複数回になれば利息が加算されます。

返済方法にも種類があり、毎月の返済額が一定になっているリボ払いや返済回数を指定した返済方法もあり、負担の無い支払い方法を選べます。

先々の支払いのことを考えずにクレジットカードを使っていると、ローンの返済が追いつかなくなることがあります。