クレジットカードには、キャッシング機能が付帯しているものがあり、カードローンとしてクレジットカードを使うことが可能です。

新しくクレジットカードを発行する時に、ショッピングカードとしての審査とは別に、ローンカードとしての審査も行われているわけです。

クレジットカードをキャッシングに使える場合でも、貸し付け上限金額が少額に設定されていることがあります。

キャッシングにも使えるクレジットカードを発行する際には、どんな審査をしているのでしょう。

カード会社によって審査の基準はまちまちですが、大体重視しているところは似たようなところになります。

重視される点として、他社借入件数や、返済中のローンがあるかがあります。

別の金融会社のローンを借りており、返済途中であるという人は、審査を突破しづらくなります。

ノンバンクの金融機関から借りている金額の合計が高額だったり、借入件数が多いと、審査は難しくなります。

クレジットカードの審査では、たとえ銀行からまとまった金額のローンを利用しているという人でも、審査の結果に差し障りが出ることはありません。

これまで、借りたお金の返済を極端に遅らせたことがあるという人は、信用情報会社にそのことが記録として残されており、新規のクレジットカードをつくるための審査で、信用情報会社の情報を確認することがあります。

ローンはもちろんですが、クレジットカードを利用した時の支払いを遅らせた場合でも条件に合致しますので、支払いや返済はきちんとしておく必要があります。

返済時に、延滞や返済不能といった問題を発生させないように、クレジットカード支払いをする時にはスムーズに払えるようにしておきましょう。