どんな人がキャッシングの審査でNGが出やすいのかを知っておくことで、審査を突破しやすい状況をつくっておけます。

総量規制に該当していると、それだけでキャッシングの審査では断られてしまいます。

日本の法律では、金融会社が融資を行う場合は、総量規制によって年収の1/3をオーバーする返済になると違法行為になります。

審査に通るための対策としては、借入金額を減らすしか方法はありません。

信用が足りず、融資ができないという理由で、審査を断られることもあります。

返済の遅延や債務整理を行ったときにその履歴が信用情報機関に記載されます。

とはいえ、信用情報会社で管理する情報は永遠ではありません。

延滞なら5年で情報が消えるため、再び融資が受けられます。

他社借入件数が多く、現在なお返済途中という場合は、審査の判断も厳しいものになりがちです。

違う金融会社からたくさん借りていると、キャッシングの審査では評価が低くなってしまいます。

審査に通る確率を上げる対策としては、他社からの借入件数を少なくすることです。

借りたお金を期日までに返済できる能力を持っているかどうかを金融会社は審査で見極めて、融資を行おうとしています。

返済能力を上げることができれば、キャッシングの審査に通りやすくなります。