新しく融資を受ける際、自己破産をしている人は、何か問題があるものでしょうか。

借りていたお金の返済が困難になり、自己破産をしたことがある人でも、新規のローンを組みたくなるということがあるでしょう。

金融機関から融資をしてもらうことが可能なのかどうか、気になるところです。

自己破産をしたことがある人でもキャッシングは利用できることがありますが、前提条件があります。

まず、5年以内に自己破産をしたことがある人は、ブラックリスト入りしているために、審査の段階で断られてしまいます。

普通の金融機関は5年を基準にしていますが、銀行は10年が基準であることに注意をしましょう。

ローンの申込みを銀行にして審査に通るには、自己破産から10年以上たっていなければなりません。

基準とする年数は大体ありますが、自己破産をした時に利用していた金融機関については、社内ブラック扱いとして、審査では不利になってしまう可能性が高いと言われています。

たとえ10年以上経過していたとしても、融資をしてもらえないこともあります。

今まで使ったことがない金融機関に、融資の申込みをするようにしましょう。

自己破産をしているかどうかにかかわらず、今現在の収入が安定していなければ、融資は断られます。

自己破産と融資の関係は、明確な決まりがあるわけではなく、判断の仕方も金融機関ごとにまちまちなので、一概に無理とはいえません。