信用情報会社が管理する信用情報には、自己破産をすると事故情報として残されます。

信用情報に事故情報が記載されていると、金融会社の審査には通りにくくなります。

その結果、ローンやクレジットカードが新規でつくれなくなります。

その為、自己破産をしてしまうと、新たに借入がしにくい状態になってしまいます。

とはいえ、自己破産したという信用情報機関の情報自体は5程度待っていれば、記録は抹消される仕組みになっています。

自分の信用情報は、信用情報機関に依頼して見せてもらうことができますので、事故情報が消えているかを確認してください。

信用情報会社の情報を確認しても、自己破産歴がどこにも載っていなければ、問題のない顧客として申込みができます。

今までの自己破産をしたことがあったとしても、それが5年、金融サービス利用せずに乗り切っていれば、新規の融資は可能です。

金融会社によっては、自己破産をして数年で、融資が受けられることを強みにしているところもあります。

どうしてもお金が必要な時、そうした金融業者は魅力的に感じてしまう事になりますが、問題があっても融資をしてくれる業者の殆どは闇金です。

どんなに切迫した事情があったとしても、ヤミ金融から融資を受けていると、何かのきっかけで困ったことになることがありますので、関わりは持たないようにしましょう。

自己破産をしてから5年以上がたっていれば、新規のキャッシングが可能なので、それまでじっと待つのが得策です。

信用情報会社に記載されていた自己破産の事故情報が消えるまで、金融サービスに手を出さずに大人しくしていられれば、新規の融資も受けられるでしょう。