クレジットカードを新しくつくりたいけれども、かつて返済時にトラブルをおこして金融ブラックになっているという人は少なくありません。

ブラックの人でも、条件によってはクレジットカードをつくってもらえることがあります。

なぜ、キャッシングブラックに名前が入るようになったのか、その事情によってはクレジットカードをつくれることがあります。

自己破産や、個人再生が5年以上前の話なら、新しく金融商品を使うことができます。

個人再生や、自己破産をしてから10年以上たっていなければ、銀行は融資をしない可能性があります。

任意整理の場合、裁判所を通さず金融機関と弁護士との交渉のみで行われる手続きとなっています。

信用情報機関は、任意整理の内容にまで触れていないことがありますので、その場合は調べる手立てがありません。

信用情報会へら個人の信用情報を照会しても、特に問題が起きていないことになりますので、融資はスムーズにもらえることもあります。

金融ブラックの人がクレジットカードの手続きをした場合、審査でOKが出る場合もあれば、断られてしまうこともあります。

信用情報会社の中には、返済を3カ月以上延ばしたことがある人の記録は、5年間残すという場合と、1年で消すという場合などがあるようです。

ある信用情報会社の情報が消えていても、別の信用情報会社の情報も消えているとは限りません。

クレジットカード会社によっては1年が経過すれば審査に影響しなくなることもありますが、概ねブラックとなってから5年~7年程度は審査に通らない可能性が高いでしょう。