クレジットカードの返済方法は何種類かありますが、いずれの方法を選ぶにしろ、知っておいたほうがいいことがあります。

月々の返済金額は決まっていますが、リボルビング払いに設定した時は、返済を早めるという方法もあります。

もしも、余分に支払っても構わないという月があるなら、まとめて払うようにしたほうがお得です。

どんな手続きをすれば、前倒しての返済をすることができるのかは、各クレジットカード会社によって違います。

支払い用の口座をあらかじめ決めておいて、自動引き落としで支払えるようにするクレジットカードが多いようです。

毎月の支払い日がクレジットカードごとに決まっており、精算日に引き落とされます。

クレジットカードを利用している人の中には、リボ払いにしている人が多いようです。

リボルビング払いは、月々の引き落とし金額を低くすることも可能ですので、返済が家計を圧迫しないようにもできます。

よくある随時の返済方法は、もともと決まっている口座から、引き落とし手続きをしてもらうというものです。

ATMから、指定した口座にお金を振り込めば、随時返済金として受け付けるというクレジットカード会社もありますが、中にはATMからの返済は一切できないというところもあります。

振込金額に応じた手数料がかかることがATMでは定番ですので、その点には配慮がいります。

クレジットカードの中には、ネットバンクからの振り込みが可能だというところもあります。

随時返済のためにお金を動かすと、手数料がかかることが多いようです。

手数料をかけずに返済のペースを上げるには、随時返済はせずに、クレジットカードの月々の返済額を増やすように設定をしなおすという返済のやり方も有効です。