キャッシングは、法律によって借りられる限度額の上限が決められています。

その法律とは貸金業法と呼ばれているものであり、融資金額は年収の3分の1までとされています。

総量規制という言い方をされているものです。

一社から借りている金額に対して、年収の1/3という制限が課せられていると誤解している人もいます。

総量規制が120万円で、年収が360万円という人がいた場合、どういう借り方になるでしょう。

年収から、総量規制を計算する方法はほとんどの人がわかっていますが、そこからさらに一歩深く理解する必要があります。

すでに他社から50万円を借りている場合、残りは50万円までしか借りることができないのです。

ただし、総量規制とは貸金業法の法律です。

信用金庫や銀行は貸金業法の対象ではないので、総量規制は適用されません。

銀行法と、信用金庫法が、各々の金融会社の法律となっています。

この他、クレジットカードはキャッシングカードとして使う時には貸金業法、ショッピングカードとして使う時は割賦販売法の対象となります。

最近のクレジットカードにはキャッシング枠がつきものですが、その時は総量規制があてはめられています。

金融会社に申し込みをして、キャッシング融資を受ける場合には、法律に関する知識があったほうが便利です。