キャッシングの法律改正が行われたのは記憶に新しいところですが、実際にはどれくらいの影響があったのでしょうか。

キャッシングに関わる法律が変わったことは、それによる問題も起きましたが、結果的にお得な部分が多かったと言われています。

法改正によって総量規制が始まり、ノンバンク系キャッシングの貸し付け上限は年収の1/3になりました。

過度の借りすぎを未然に防ぎ、債務超過のトラブルを未然に防ぐことが可能です。

昔からキャッシングの契約をしている人によっては、まとまった金額を借りている人もいますが、ごくわずかです。

法律が見直されたことで、金利を引き下げやすくもなっています。

利息制限法によって、上限金利は20.0%となりました。

昔は、29.2%という出資法の金利が上限でしたので、その差を考えると9%も下がったことになります。

今では、グレーゾーン金利の数字は違法な数字になっていましましたので、昔のキャッシング履歴を見ると、金利の高さにびっくりしてしまいます。

低金利で融資を受けたほうが利息が抑えられますので、金利の確認はとても大事なことです。

消費者金融業者といえば金利が高いという印象ですが、今では18.0%くらいで融資をしています。

一方、銀行は法改正前も後も金利に大きな違いはなく、大体15%程度の融資を受けることが可能です。